「Made in China」が高品質の代名詞になるのはいつだろうか