【悲報】「社歌」が再びブームの兆し