トリンドル玲奈が 「人生で一番泣いた」 こと。